Life is awesome.

若手俳優の世界に足を踏み入れたつれづれ

「そろそろ倦怠期でもいいんじゃない?」

気がついたら推しくんを応援し始めて3年目に突入していました。

びっくりびっくり!!こんなに長く続くと思っていなかった!あ、推しくんの俳優としてのお仕事が、ではなく、私の根性(とお金)が、です。

 

という3年目の今日この頃、私にしては珍しく推しくんに対するモチベーションが下の上ぐらいになっています。ちなみに、私的平均では上の下が平均値なので、結構な乱高下です。

原因は明確なのですが、まぁちょっと色々ありました。色々あったといっても、私と推しくんの間には相変わらず何もありません。このブログを書いていなかった期間に接触する機会もあり、その場では非常に楽しく時間を過ごし、相変わらずくだらない会話も真剣な会話もして、「次の舞台も楽しみにしてるよーん!」*1なんて陽気にその場を立ち去っているので、推しくんは私がこんなモヤモヤした心境だということなんて露知らず稽古に励んでいることでしょう。いや、そもそもオタク1人がどんな心境かなんて推しくんが知ったこっちゃないのは分かっています。ついでに言うと推しくんのプライベートなこともこっちからしたら知ったこっちゃないので、原因はそういう話ではありません。オキラになったとかそう言うこともありません、多分。嫌われてはないと思う、多分。

そんなモヤモヤを少しだけ友達に聞いてもらった時に言われたのが、タイトルにつけた言葉です。

 

「そろそろ倦怠期でもいいんじゃない?」

 

なるほど、倦怠期とは意図的に突入させるものだったのか!!!!

ですが、果たして付き合ってもいないのに今が倦怠期だと仮定するとして、推しくんと別れる=推し変することは望んではいません。では、私はそれをどうやって乗り越えればいいのだろう。

こちらの記事を参考に考えてみました。

倦怠期を迎えたときの彼氏の本音 ~乗り越え方とは?~|「マイナビウーマン」

なお、記事には彼氏目線の内容も含まれていますが、推しくんの気持ちはエスパーではない私には分からないのですっ飛ばします。

 

果たして今は倦怠期なのか

Q.倦怠期になったタイミングを教えてください。

第1位「1年以上~3年未満」(32.3%)

第2位「3年以上~」(29.8%)

第3位「3カ月以上~半年未満」(16.1%)

第4位「半年以上~9カ月未満」(11.3%)

第5位「9カ月以上~1年未満」(4.0%)

(※1)有効回答数196件。単数回答式、第6位以下省略。

なるほど、推しくんを応援し始めてまるっと2年が経過して3年目の今は、倦怠期が起きやすいタイミングということが分かりました。なんだろうね、ドキドキする時期を乗り越えたぐらいのタイミングというわけか。元々「推しくんしゅきぴ~(はぁと)」というタイプではないにしても、馴れ合って来る頃という意味でいえば間違ってないかもしれない。

 

彼氏=推しくんへの冷めた気持ちを復活させるには?

これですよ、私が一番知りたいこと。冷めたわけではないけど、一時期のような情熱を感じられていないことに一番モヤモヤしているのです。

☆初心に戻る
・「初心に戻る。他者と比べて、彼氏の長所をリストアップする」(22歳/その他/その他)
・「初心を思い返していいところを見つける」(25歳/その他/その他)

初心忘れるべからず。推しくんのことを応援しようと思った時の気持ちか・・・「この人、なんか良くわかんないけど応援したい」って思ったのがきっかけで、それは今も変わらないんだけど、スタートが「良くわかんない」なのに知らず知らずのうちに何か理由を求めてしまっている気がしないでもない。

☆距離をおく
・「お互いにそっとしておくというか、ある程度距離をおいた関係に徹する。仕事で忙しかったりもするので、落ち着いたころを見計らって付き合ってから初めて行った場所にデートしてみる」(26歳/その他/その他)
・「一度距離を置き冷静になる」(31歳/その他/事務系専門職)

 これは一番納得したかもしれない。全通はしないけど舞台はある程度通うし、イベントも一応全参加している状況から考えると、ちょっとやり過ぎなのかもしれないなぁ。現に1日複数部だったイベントに全部参加した時、最後はちょっと推しくん過食気味になっていたのは自分でも実感していた。

☆ほかの男性と遊んでみる
・「ほかの男性と遊んだりしてみる。その男性があまり魅力的でない場合、今の彼氏と比較することで彼氏のいいところが見えてくるから」(28歳/その他/その他)
・「ほかの男の子と遊んでみて彼氏のよさを再確認する」(33歳/その他/その他) 

 これは思う存分やっている!!!つまり、推しくんの出演しない舞台は結構見に行っている。そこで推しくんの良さを再認識することもあるし、お目当ての俳優さんの素晴らしさに目がくらむこともある。

☆彼氏のいいところを考える
・「彼氏のいいところをあらためて振り返ってみる。また、好きになったきっかけを思い出して初心に返ること」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「彼氏のいいところを考えたり、付き合ったときのことを思い出す」(32歳/その他/販売職・サービス系)

これはちょっと反省しました。なんとなく最近推しくんのダメなところとか私が嫌だと感じるところばっかり考えていた気がする。でも、推しくんには良いところも沢山あるし、それがゼロになったわけではないんだよな。私が見なくなってしまっただけなんだ。

 

まとめ

 倦怠期を迎えたとき、どうすれば乗り越えるのかは、対応の仕方によって違いが出てくるかもしれません。お互いに冷めきってしまったのなら仕方ありませんが、まだ好きな気持ちがあるのなら、まずは話し合ってみてはいかがでしょうか。

 推しくん!!!!話し合おう!!!!

といいたいところだけど、それは無理*2なので、とりあえず手紙に伝えたいことを書くところから始めようかな。キャッチボールにはならないかもしれないけど、こんな気持ちのオタクがいるよっていうことは伝えられるかもしれない。

 

ということで、この記事を書いてみて、もしかしたら本当に1人で倦怠期に突入していたのかもしれないということに気がつきました。意図的に突入したわけじゃないけど、こうやって振り返るきっかけをくれた友人に感謝するとともに、1人で勝手に突入した倦怠期から1人で勝手に脱出するために、まいなびうーまんさんに寄せられたご意見を参考に対策実施してみようと思います。

 

最後に推しくんへ。

あなたは私がこんなモヤモヤを抱えてると知る必要は1ミリもないので、まずは目の前のお仕事をちゃんと頑張ってください。それが私が倦怠期を勝手に脱出する一番のきっかけになってくれると思います。

 

おわり。

*1:本当にこんな口調では言ってませんけど、ノリはこんな感じ

*2:直近接触の予定なし