Life is awesome.

若手俳優の世界に足を踏み入れたつれづれ

愛情表現と白魔術について

例の舞台*1のことを書きたいのですが、色々想いが溢れ過ぎていて上手くまとまらないので気持ちが落ち着いてからきちんと書きたいと思います。今回の舞台、本当に好きだった。

 

 

さて、グループを巡らせて頂いていて、とても気になった文章をいくつか拝見しました。

推しの声で聞く自分の名前は呪いです。

推しから自分の名前を呼ばれる - ガチ恋は フラれてからが 始まりだ

 "呪い"というのが、まさにあの瞬間の私の心境と似ていて、嗚呼あれはそうだったのか、と胸にストンと落ちました。

私は自他共に認めるガチ恋ではない人間です。なので、書かれた方と全く同じ心境ではないと思いますが、あれは私にとってある種"呪い"の言葉でした。

 

以下、センチメンタルなポエムのようになってしまった。

 

私が誰かを応援するにあたっての指標にしたいことの1つとして、「応援している人が私の応援を喜んでくれているかどうか」があります。残念な人間なので多少の自己顕示欲はありますが、"私"という個を認識してもらうためのアクションを起こす*2のではなく、自分なりの方法で応援し続けた結果としてそれがきちんと相手に届けばいいな、という程度のものです。

 

誰かを応援する方法には正解がないと思っています。

気持ちを伝える方法がよくわからないです。自信持って「俺、愛されている!」と伝わる愛ってどうしたらいいんでしょうね?ともすれば気持ち悪いじゃないですか、愛情表現って。関係性によるのかなぁ。

「好きでいてくれる」を信じてもらう方法 - おしごとのはなし

「ともすれば気持ち悪いじゃないですか、愛情表現って」という一文に凄く共感しました。愛情表現=応援しているということを相手に伝える方法、と解釈すると、自分が良いと思っていても相手が不快に思うような方法は不正解だと思いますし、どんな方法がお互いに正解なのかは色々な条件*3を掛け合わせただけの種類があると思います。

 

昨年私は自分の応援の仕方について悩んでいました。

推しくんと面と向かって話をする機会があまりないので、どうしてもこちらからの一方的なアクションになることが多い。そんな中で「ファンの皆さん、いつも応援ありがとう」という気持ちをSNSなどで伝えてくれるけど、それは"ファンの皆さん"という大きな枠に対する話で、"私"の応援は不快に思われているかもしれない…とネガティブになっていました。私個人のことなんてなんとも思ってない可能性だってあるのにね、ただの自意識過剰です。

ただ、そう考えた理由は明確にあって、感情移入しすぎた手紙を多々書いていたからです。手紙は私から推しくんへの"愛情表現"ですが、演技が好きだと思えば思うほど、出演作品への思い入れが深まるほど、手紙の内容はどんどん重たくなる。果たしてこんな手紙でも推しくんは「ありがとう」って思ってくれているんだろうか、という思いが手紙を書けば書くほど蓄積されていきました。

 

そんな時期に出演した舞台でお見送りがありました。

その時期も私は重い手紙を書き綴っていたのですが、推しくんから通りすがりに「手紙待ってるね」と言われました。定型のご挨拶なのかもしれないけど、その言葉にすごく救われた気持ちがして、私は初めて正直な気持ちを書きました。「私が誰だか分からない*4と思うけど、手紙待ってるって言葉が嬉しかった。いつも長くて重い手紙ばっかりで申し訳ない、でも推しくんに伝えたいことがありすぎるんです。」と。

 

その後、推しくんとの接触がありました。何を話そうかとあれこれ考えながら推しくんの前に立った瞬間、突然推しくんが私の名前を呼んだのです。あまりの衝撃で会話のネタは全て吹き飛んだ代わりに、手紙についての物凄く優しい言葉の数々をもらいました。

どのタイミングで推しくんが私の名前と顔を一致させたのかは分かりません。なぜあの時あんな優しい言葉を伝えてくれようと思ったのかも分かりません。でも、私が推しくんを応援している気持ちを伝えようと書き綴っていた手紙は、推しくんにそれを運んでくれていて、推しくんはそれをきちんと受け取ってくれていました。手紙というツールで"愛情"を伝えることは、推しくんと私の場合は正解だったみたいです。

 

そして、名前を呼ばれたことで、推しくんからもう逃げられない*5んだからきちんと向き合っていくしかない、とも思いました。これがあの時推しくんにかけられた"呪い"です。どうやら呪いは白魔術だったみたいで、その後は楽しいまま推しくんの応援をしています。相変わらず重い手紙は書いてしまいますが、たまには「うれしー!たのしー!はっぴー!」みたいなテンションの手紙も混ぜられるぐらい、気持ちも浮上してきました。あと、最近「推しくんの〇〇なところが大好きです」と書けるようになりました。BBAに大好きとか書かれたら気持ち悪いだろうな、と思って自粛していたのですが、もういいかなって!割り切れた!これからも私は書きたいことを書く!!

 

春の陽気な気候に誘われて浮かれたエントリーを書いてしまったので、恥ずかしくなったら消します。皆さんの愛情もきちんと推しさんたちに伝わりますように。

最後に、大好きな歌の歌詞を引用させてもらいます。

あなたが教えてくれた うれしい たのしい やさしい気分
遠い空で ああ 今 同じ気持ちでいるなら
大きな文字で手紙をかくよ
ありがとう

 

手紙を書くよ / JUDY AND MARY

*1:ペのつくやつ

*2:名乗ったり、名札つけたり、印象付けるようなことをする

*3:関係性や立場だったり、性別や性格だったり、いろいろあると思います

*4:顔は認識されてたけど、名前は名乗ってないので

*5:どこまで推し事を深刻に考えているのかと自分に突っ込みたい