Life is awesome.

若手俳優の世界に足を踏み入れたつれづれ

0か1か

変なタイトルをつけてしまいましたが、二進法とかbinaryの話ではありません。

 

むかーしむかし下北沢をうろちょろしていた頃、とある俳優さんから、終演後に面会などのファンサービスがある舞台の時に、自分目当てな人がいないと寂しいという話を聞いたことがあります。一方で、正直面倒だけどファンだからしかたなく対応するとはっきり言っている人もいました。

 

私の推しくんはどっちかというと前者で、いつも楽しそうにファンサービスをしているタイプです。おそらく、人と触れ合うのが苦にならないタイプ。はじめましての人にははじめましてなりの、いつもの人にはいつもの人なりの対応をしている気がします。コミュ障からすると、それだけで凄いなぁと尊敬してしまいます。

人とコミュニケーションを取るのが得意な人・楽しい人はどんな時でも得をすることが多いように感じる。そりゃそうだ、モジモジしているよりも明るく楽しく会話が出来る方がいいもんな!

 

さて、表題の0か1かの話ですが、推しくんの話ではなく別の俳優さんです。

出演された舞台で公演の後にちょっとした面会的なものがあって入場時に受付で希望を聞かれたのですが、何度か私1人のことがありました。終演後に出てきてくださって少しお話をして帰るのですが、何回目かに1人だった時にふと先ほどの昔聞いた話を思い出しました。

 

この俳優さんは0と1ならどっちがいいのだろう?と。

 

1より100の方がいいと思います。対応はめんどくさいと思いますが、自分が人気だということも実感できるだろうし、例えば接触に物販が伴えば売り上げに直結するし、人気があることを嫌がる人は少ないと思うんですよね。よっぽど「誰にも理解されたくねぇ!」みたいな変わり者じゃない限り。

でも、0と1ならどっちがいいんだろう。

 

0ならそもそも終演後にサービスで面会する必要ない*1ので、帰り支度をして翌日の公演に備えることだって出来る。でも1人居ればその1人のためにわざわざ出てきて相手をしなくちゃいけない。周りでもっと多い人数の相手をしている人を見て、自分目当てが1人ということに劣等感を抱く人も居るかもしれない。

私が面会させていただいた俳優さんはおそらく自分にファンが少ないことを自覚しているのか、他の俳優さんが公演後に「今日もお疲れ!面会に来てくれた人もありがとう!明日も舞台はあるよ!」というようなtwitterを更新している中で「今日もがんばりました」みたいなことを呟きます。面会時に話をしている雰囲気ではファンのことは嫌ってはいらっしゃらないと思うのですが、そもそもが推しくんのようなコミュニケーション得意な感じのタイプでもないため、無理をさせていないか?と帰り道に不安に思ったりもします。ましてや、私は認知されているわけでもなく、お話させていただくのも当日の舞台を見た感想だけ。「お疲れ様です、今日の舞台も良かったです!」「ありがとうございます」「特に○○の場面が好きでした!」「ありがとうございます」みたいな会話の往復が辛くなってきたので、たまに質問を混ぜたりするようになったぐらいです。

そんな感じなので、もしかしていっそ0の方が良いのではないだろうか、という考えにたどり着いたのです。しかも私は推しくんという譲れない存在がいて、言い方は悪いですが本当に自分の欲望を満たす*2ためだけにその方の舞台を見に来ていて、面会も自分の欲望を満たす*3ためだけにお願いをしています。そして、もちろん応援はしていますが、1番じゃないという引け目があります。

 

この俳優さんの舞台の予定がしばらくないので、自問自答は続きそうです。いっそのこと、次に出演される舞台は面会なんてなきゃいいのに、と思っています。でもチェキ会とかだったらもっと嫌だな。

*1:希望が事前にヒアリングされるので、希望0の人は面会に出てこないシステム

*2:その俳優さんの演技が見たい

*3:直接感想を伝えたい