Life is awesome.

若手俳優の世界に足を踏み入れたつれづれ

低スペックヲタクのファッション事情

gdgdhany.hatenablog.com

お洋服事情&コスメ事情、興味津々です!!

特に洋服は、現場で「あー!浮いてるな!!」ってなることが多々あり、反省の意味を込めて書いてみます。浮くような服を着ているつもりはないのですが、浮くんですよ。今回いろんな方の記事を読ませていただいて、浮く理由がわかってきた気がします。

私が行く若手俳優の現場ってとにかく赤文字系の流行の洋服・ヘアメやキラキラフワフワな感じで固めた女子大集合!!!!*1で、自分とはまったく異世界の方々を見てうらやましくもあり、それが全く似合わない自分を恨めしく思うこと多数。

あまり参考にならないとは思いますが、私のことを書いておきます。

 

■私のスペック

身長低い(150cm前半)、デブ(ぽっちゃりではない)、髪の毛は長めボブ、顔はクソ童顔。
チビデブブサの三重苦なので、洋服でどれだけテンション上げられるかが勝負。
お化粧は、とにかく見苦しくなく標準レベルに近づくことが目標。
スレンダー平均身長以上で顔面が石原さとみに生まれたかったなぁ!!

■普段のファッション

青文字系のファッション誌を読んで育ったので、その延長線上を生きてる。
顔と体型からしてレースとかフリルとかリボンのお洋服が全く似合わない、アメカジ・スポーツMIX・ちょっとモード系なファッションが見るのも着るのも好き。
とにもかくにも体型隠しに命をかける。ダイエット中だから「デブがおしゃれとかする前に痩せろよ」とかのご意見はご勘弁を。

■服を買うブランド

自分に似合うかどうか→物理的に着られるかどうか→手持ちの服との合わせやすさ→一応流行、の順番に気にして買い物をします。デブだからっておしゃれを諦めたくないので、ゆったりめな服があるブランドを愛用。あと海外のブランドは欧米の方向けサイズ展開なので色々助かってる。メンズ服も大好き。

ベーシックなものはユニクロとGAP、流行のものはH&MZARA・JEANASiSあたりで買うことが多いかなぁ。あとはBEAUTY&YOUTH・mercibeaucoup,・RNA-Nとかでも買い物する。自分のテンションがあがる服はWWL!・RNAみたいなロック系のブランドだけど、現場に着ていくと浮きまくるのは分かってるから現場ではあまり着ない。スポーツブランドはNIKE一択。あとはセレクトショップ的なところで気に入ったものを買う。

店舗のセールとかネットのファミリーセールとかアウトレットを上手く使って安く買えると超嬉しい!正直しまむらと変わらない値段で買えたりする。

■観劇の時の服を選ぶ基準

まず、ちゃんと洗濯してある服を着ます。当たり前。

そして自分なりにTPOを考えて服を選びます。あんまり推しカラーとかは意識しない。

  1. 劇場の雰囲気:大劇場と小劇場ではドレスコードが違うと思う
  2. 作品の内容:わいわい系としんみり系では一応服の雰囲気を変える
  3. 自分の座席:良席ならいつもより多少配慮する

イベントだとまたちょっと違うかな、接触というかチェキありなら一緒に写る人の雰囲気に合わせたい。ただでさえ見た目が悪いから、特にチェキありの時に背伸びしすぎて似合わない服を着ていたら目も当てられない状態が写真として残ってしまうので、誰かが「似合う」って言ってくれた服を着ていくことが多い。イベント用に新しい服を買って失敗するぐらいなら、手持ちの中でベストを尽くす。

■実際現場に着ていった服

あんまり書くと身バレしそうなので、ぼんやりと。
大劇場はシャツとかジャケットを着てパンプスを履いて行きたい、ちゃんとした格好すると背筋が伸びるし劇場に迎え入れてもらえる気分になる。小劇場はとにかく自分のテンションが上がる格好で遊びに行く感じ。

  • 帝国劇場の某ミュージカル(夏)
    →白の開襟シャツ+黒ワイドパンツ+銅みたいな色のハイヒール、黒い革のカバン
  • 劇団四季の某ミュージカル(秋)
    →黒ジャケット+白のダブルガーゼのシャツ+迷彩のスカート+茶ブーツ、白のでかいトート
  • 200名規模の劇場(春)
    →白黒ストライプのシャツ+黒パンツ+ラバーソール、クラッチバック
  • 100名規模の劇場(夏)
    →若草色のカットソー+紺地に白ピンストライプのパンツ+ビジューつきのパンプス、黒い革のポシェット
  • 推しくんのイベント(冬)
    →チェックのロングチェスター+黒ニット+深緑のスカート+エンジニアブーツ、黒リュック

 ■ヘアとメイク

結婚式に参加する時も自分でヘアアレンジする*2ぐらいには手先は割と器用なので、やるときは自分でやる。でも、盛りまくったり巻きまくったりしてる髪型は観劇には不向き*3だと思うので、ちょっと編んでまとめるぐらい。目の前にキャバ嬢みたいな盛り髪の人が座った時は、漬物石でも置いてぺっちゃんこにしてやろうかと思ったことがある。

メイクは・・・下手すぎるのでベーシックに・・・皆様是非スキンケアやメイクの方法もお聞かせください・・・!!!!カラーメイクとかテクニックと素材がよければやってみたい人生だった。コスメカウンターは罵倒されそうで怖くていけないので、ドラッグストアコスメ愛用者。号泣することが分かっている舞台の時は、マスカラとアイラインは放置。

  • 下地・・・セザンヌの皮脂崩れ防止のやつ
  • ファンデーション・・・今はメイベリンのクッションファンデ(適当)
  • パウダー・・・昔からパルガントンのシアトリカルパウダー
  • チーク・・・マジョリカマジョルカのパウダーのやつ(見た目重視)
  • マスカラ・・・匂いが好きでランコムのドールアイ
  • アイシャドウ・・・ブルジョワが撤退してから難民、今はKATEの茶系のやつ
  • アイライナー・・・黒のリキッドのウォータープルーフのならなんでも(適当)
  • アイブロウ・・・長年KATEのやつ
  • リップ・・・fasioの白いの(適当)

 

 

と、書いて来ましたが・・・とにかく言いたいのは、

  1. 清潔感的に周りに不快感を与えずTPOを考えることを大前提とする
    →洗濯してあって、しわしわじゃなくて、くさくないもの。
  2. 自分がテンションが上がったり楽しくなるような服を着ていく方と楽しい
    →まわりがキラキラフワフワしてるのに無理矢理合わせなくてもいいと思う。

ということです。結果として全身ユニクロな時もあるけど、誰にも「それ全部ユニクロでしょ?」って馬鹿にされたことはない。「それいいね!どこで買ったの?」「ユニクロ!」は良くある。

ちなみに今まで見た中での個人的ドン引き事案は、

  • 帝国劇場の古典系作品でゆめかわいい系の格好(ユニコーンのリュック背負ってた)
  • 2.5系の舞台で別作品の痛バ(出演キャストの別舞台の原作のやつ)
  • 小劇場で座ったら中が見えそうなミニスカート(舞台側から見えてた気がする)
  • なんかくさい(くさい)

ですかね。チビでもデブでもブスでも身綺麗であれば周りの人に不快な思いをさせないで済むと信じてる。

 

庶民にとっては観劇は楽しいイベントなので、これからも自分も楽しく周りも不快にさせない観劇ファッションを心がけたいと思います!!

*1:ここ最近は劇場の7割ぐらいが肩が出ててミニスカートだった

*2:店でやったと思われる

*3:周りに迷惑だし、自分も椅子に座りづらい