Life is awesome.

若手俳優の世界に足を踏み入れたつれづれ

脳内がお花畑ではなく庭園だったことが分かりました

どうも、自分の脳内がお花畑モードになれないときにお花が満開な人を見るとうらやましくなってしまうのをやめたい私です。

というか、推しくんのファンになってからお花が満開になる回数が激減している。どちらかというと常に推しくんの将来を案じて「こうした方がいいんじゃないか」「ああした方がより良いのではないか」「こっちの方が合ってるんじゃないか」とか、そんなことばっかり考えてる。いったい推しくんの何になりたいんだろう、私。って、ただのファンの1人でしかないんだけれども。

 

「脳内がお花畑」って悪い意味で使われることの方が多いけど、お花畑のお花が満開のときって普段出ないようなパワーとかアドレナリンが沸いたりして、苦しいことも切り抜けたり猛ダッシュかますことができるというポジティブな面もあると思ってる。

自分がなにか困難にぶつかっている時にそういうパワーがあると、すぽぽーん!って切り抜けられたりするので、花畑突入アイテム*1を準備しておいていざとなったら泣きついたりする。

 

ただ、気をつけなければならないのは、お花畑の時にはお花畑しかほぼ視界に入っていないから、周りが不快に感じるような言動をしてしまうこともあるんだよな。しょうがないよ、気分は綺麗なお花に囲まれた妖精さん*2なんだもの。自分ももちろんそうだと思ってるから、お花畑の時は出来るだけ自己消化して、それでもダメならはてブロの下書きに壁打ちする*3か、全てを受け流してくれる友達に話して鎮静化させる。

そして、お花畑が満開になりやすい人って、逆にそのお花畑が枯れ草の山になることも多いよね。「○○くんしゅきしゅきだいしゅき~(ハート)」ってなってたかと思ったら、数時間後には「私ってなんてダメな人間なの・・・」みたいになってるのを良く見る。あれってなんでなんでしょうか。花の命は短い・・・的なものなのかな。

でも、そのアップダウンがあったとしてもすぐお花が満開になる人がうらやましい。そのお花のパワーで、今の難局を私は切り抜けたい、と思っている私です。要するに、今現実がつらい。そして分かりやすくお花畑系な女子がリアルタイムで満開状態なのを見て、とてもうらやましい。

 

さて、私の脳内がお花畑なのかただの畑なのか、はたまた荒野なのか気になったので探してみたら、こんな診断があったのでやってみました。

mirrorz.jp

結果発表『自演系お花畑』

 

あなたの頭の中は、お花畑というより、しっかり手入れの行き届いた庭園です。どちらかというと理性的な性格で、お花畑度はほとんどゼロでしょう。ところどころにお花は咲いていますが、しっかり管理できており、空気を読みながら自分を演出できる人です。突き抜けた発現や言動で周りの人をキョトンとさせることはないでしょうし、わけのわからない幻覚や幻聴に悩まされることもないでしょう。周りからは、気が利いて優しくて面白い人だと思われているはずです。頭の中の庭園をしっかり管理できている限り、友人には好かれ、異性にもモテると思われます。ただ、お庭の手入れを怠って世間とギャップが大きくなりすぎると、「あっちの世界の人」と位置付けられ、友人たちが離れていくおそれもあります。社会的な生活を心がけ、ガーデニングの手を抜かないようにしましょう。 

なんか妙に納得した・・・。なるほどな、自然発生のお花畑ではなく庭園だったのか。そして庭園の管理人であれば私が自分のことをドワーフだと思ってるのもイメージとはずれてないな!!

 

今後も脳内庭園系女子として、咲かせたり実らせたり新しい苗を植えたりしながら、きちんと管理をしていきたいと思います。

*1:思い出とか写真とか動画とか、いろいろ

*2:私個人はビジュアル的に妖精とはかけ離れてるのでドワーフの気分

*3:だから、このブログの下書きにはヤバいものがたくさんある