Life is awesome.

若手俳優の世界に足を踏み入れたつれづれ

マウンティング女子

前回の投稿、スターつけていただいてびっくりした。ありがとうございます。

最近誰にも言えずに悩んでいたことだったので、同じこと考えてる人がいるのかもしれない、と思えたら、少しだけ気持ちが楽になりました。

 

前回の投稿を書いたきっかけ、マウンティングについて考えています。

マウンティングしてくる人は苦手と以前書いたけど、自分があんまり意識せずに言ってること・やってることがマウンティングになるのかもしれないと思い当たったので、自戒をこめて。

 

私が苦手だと考えているマウンティングとは、例えば「え~~~!!!1回しか見ないの?私全通~!全通しないなんてファンじゃないんじゃな~い!」とか、「私ぃ~、推しに認知されてるから~、カテコでこっちばっかに手振られちゃって困っちゃうのよね~~!」とか、「○○ちゃんっていっつも後ろの方にいるよね~~、そんなんで満足できるの~?前の方に入るコツ教えてあげようか?」とか。

そんな感じでとにかく自分>>>私ということを分からせたくてしょうがない系の人のこと。驚くことに、↑の台詞はジャニヲタ時代に本当に言われたことがある。舞台用語をジャニ用語に置き換えて考えてくれ、本当に吐き気がする。

もっと酷いことも言われたこともあるけどね。「自担くんはあんたに応援されても嬉しくない、あんたにファンサしてるのなんて何の意味も無い、私は望まれてる人間、ちゃんと身分をわきまえて行動しろ!」とか、しかも他担から。ここまで来るとマウンティングではなく言葉の暴力でしかないし、担当と自分の関係なんて私にだってよく分からないのに他人に分かるわけない。

 

おっと、話がそれました。

マウンティングとは、本来、動物が自分の優位性を表すために相手に対して馬乗りになる様子をいいますが、人間関係においては、「自分の方が優位」と思いたいがゆえに、「私の方が他人よりも幸せである」と一方的に格付けし、自分の方が立場は上であると主張し、更にそれをアピールするのがマウンティング女子です。 

 こちらの記事ではマウンティング女子について上記のように解釈されていたので、これを若手俳優の世界に置き換えて考えてみる。

 

「優位性を示す」とは

若手俳優界隈に置き換えて考えると、優位性が働きそうなのはファン歴?観劇回数?座席?認知?プレゼントや花?何について優越感と劣等感を抱くかが人それぞれだから難しいな。小さな頃から他人と比較されて生きているから、どうしても自分と他人を比較したくなっちゃうんだろうな、という気がしてきた。

とりあえず思いついた項目について考えてみる。

応援している期間の長さ

推しくんを応援している期間の長さ=推しくんとどれだけ一緒に歩んできたかということだと思っているので、自分の知らない頃の推しくんを知っているという点はうらやましいと感じるだろうな。事実、過去の作品で「なんで円盤出てないの?!」って何度も思ってる。でも、うらやましいと思うより前に、早い段階で推しくんを発見して応援しているその眼力に感服する。

ただし、応援している期間の長さ=応援している熱量ではないとも思う。だから、長い期間応援している=偉い、ではないと思う。凄い、けど、偉いわけではない。

観劇回数

私は私が見たいだけ見られれば満足。誰が何回見たかじゃなくて、自分の欲求を満たすことができたかが問題。どれだけ見たいかは時と場合と内容による。「全通こそ全て!全通こそ全知全能の神!!全通しないのはヲタクじゃない!!」というタイプではないので、全通する人のことは単純にすごいなぁ(いろんな意味で)と思うし、死なないでね・・・(いろんな意味で)と応援する。

ただ、多分人並み~それ以上には観劇するタイプだと思うので、あんまり「○回入る!」と宣言することはないかな。観劇回数が少ないことに負い目を感じる人がいるのも分かるので。「いつ見る?」とか「何回見る?」と聞かれたら、正直に答えます。

座席の場所

舞台に関しては手元に来たチケットが運命のチケットだと思うタイプなので、前の方が来たらラッキー!と思うし、後ろのチケットが来ても買いなおしてどうこうとか、そういうのはない。むしろ、じっくり全体を見たい舞台は真ん中ぐらいがいいんだな。

というような好みの問題もあると思うので、前方席=偉い、ではないと思ってる。もちろん、ありとあらゆる手を尽くして前方の席を確保したり、お金を積んでどうにかしてる人たちもいるのは分かってるので、凄いなぁ、とは思う。でも、凄い=偉い、ではない。

認知とかプレゼント

自分と推しの関係性なんてほんとに人それぞれだと思うので、他人がどうこういうものでもないし、どうこう言われる筋合いもないと思っている。認知されたい人は認知されるためにがんばればいい。プレゼントなんてもっとそうで、あげたい人があげればいいし、もらった方も使いたければ使えばいい話で、これも他人がどうこういう話じゃないと思ってる。ただ、両方とも節度とルールを守る必要はあるけども。

ただ、この2つは割とマウンティングに分かりやすく直結するような気がしているので、率先して話題にしないようにしてる。私はどうやら顔は覚えられていて、プレゼントも使ってもらった*1から、推しくんに感謝の気持ちはあるけど、だからって優位だとは思わないし、だからどーしたって感じ。

お花は私がまだ出したことないので割愛。

 

というのが、私のスタンス。

つまり、私は基本自分のスタンスが守れていればよく、マウンティングされても「だからどーした」という気持ちなのだが、そもそも「マウンティングしてくる」という攻撃的な姿勢が好きじゃない。

でも、私の考え方は普段からちょっとおかしいという自覚があるので、こう思わない人も多いんだろうな。そういう人と私が話をした時に、もしも私が観劇した回数がその人より多かったら?もしも座席がその人より前方だったら?もしも私が認知されていてその人が認知されていなかったら?私が発言したこと全てがマウンティングとか優位性を誇示していると思われてしまうのかもしれない。

 

「主張」とは

日本語難しいので毎度おなじみGoogle先生に聞いてみた。

しゅちょう
主張
 
  1. 《名・ス他》
    自分の意見を強く言い張ること。また、その意見。
     「権利を―する」

ポイントは強く言うかどうかってことだな。これもどう取られるかが難しい・・・。選ぶ言葉や口調や語気、どれに気を使ってもマウンティングと取られる時は取られてしまうんだろうなぁ。自分と話し相手の関係性にもよるだろうし。

 

若手俳優のファンをマウンティング女子・普通女子・謙虚女子・引け目系女子・気にしない系女子に分けるとすると、マウンティング女子はきっと誰に対してもマウンティングするとしても、普通女子の普通な発言が謙虚女子からするとマウンティングに取られる可能性はあるし、気にしない系女子の発言は誰に対してもマウンティングになりうる危険性があるし、引け目系女子は何を聞いてもマウンティングと取ってしまう危険性がある。↑の通り、私は気にしない女子だから普通よりも気を引き締めてかからないとまずい、と言うわけだ。なお、四分類の定義がどこかで明確に定義されているわけではなく、周りの話やSNSのイメージのなんとなく私の中での分類。たまーに謙虚女子だった人が急にマウンティング女子に華麗なる転身を果たすことがあって、それはそれで傍から見ている分には非常に興味深い。

この記事を書き始めたきっかけは、気にしない系女子である私がおそらく引け目系女子である同担と話をしていた時に「ん?もしかしてまずったかな?」と思ったこと。

推しくんの接触系イベントに行ったことなくてどんな雰囲気なのか分からない、行ってみたい気持ちはあるけど怖い、という彼女に「こんな感じだったよ、チェキ撮るときにこんなことがあって楽しかったよ、全然怖くないよ」と軽い気持ちで話をしていたのだが、どんどん彼女の顔が曇っていっていることに気がついて、これはだめなやつだ!とそれ以上話すのをやめた。そこで、もしかすると事実を伝えているつもりの私の発言が、彼女にとってはイベント・接触経験者からのマウントと思われたのではないか?と思い当たったのだ。

 

今のところのまとめ

これ、考えてたらセクハラ・パワハラと同じような問題に思えてきたな、マウンティング。肩をたたいてもコミュニケーションと取る人とセクハラと取る人、怒られたことを叱咤激励と取る人とパワハラと取る人。そうなるとどうなるかというと、触らぬ神に祟りなし状態になるんだよな・・・。やっぱり優位性のところに書いたような内容は、よほど気心も腹のうちも分かってる人か、壁打ちでしか書かない方が良いということだな。あとは全く利害関係のない別ジャンルの友達に聞いてもらうしかない。でもまったく別ジャンルの人にも話通じないし、困ったもんだ。

前の投稿にも書いたとおり、村八分にはなりたくないし、誰も住んでないお山の大将にもなりたくないし、井の中の蛙にもなりたくない。でも、辛抱たまらなくなったら、家でぬいぐるみか推しくんのブロマイドに向かってでも話しかけようと思う。

 

もしこれを見ていて、私が誰だか分かっている人がいたら、私はマウンティングしているつもりは一切ないので、「それマウンティングだろ」と思ったらご指摘いただけると幸いです。よろしくお願いします。また発見があったり考えが変わったら書きます。

*1:推しくんはプレゼントは全部使うとSNSで書いているので、きっとみんな使われてるんじゃないかな