Life is awesome.

若手俳優の世界に足を踏み入れたつれづれ

封筒に入れたのは僕の独り言さ

今更ながらに若手俳優のグループに参加させていただきました。果たしてこのような若輩者が参加していいものかと思って見合わせていたのですが、勇気を出してみた次第です。

応援スタンスは以前こちらにに書かせていただいたので、もしご興味ありましたらどうぞ・・・。

若手俳優応援スタンス - Life is awesome.

 

ところで、手紙を書くのが好きです。

ジャニヲタ時代から手紙を書いて担当とコミュニケーションを取ってきたこと、そしてこのご時勢にわざわざ紙とペンを使って書くということに意味があるように感じていること、あと文房具*1が好きなこと。

推しくんの演技を見て何を感じたのかを伝えることができる唯一のツールが手紙だと思っています。ブログとかTwitterのコメントではなかなか表現しきれないので。 文字数にも囚われず、他人の目にも囚われず、自分が伝えたいことをきちんと推しくんに伝えられるのが手紙のいいところだと思っている。

cz57.hatenablog.com

みなさんの手紙についても色々読ませていただいたので、こちらのブログの内容を参考にさせていただいて、私なりの”手紙について”を書かせていただこうと思います。

 

 宛名

封筒には「○○役 推しくんさん」と書きます。後から見た時にどの舞台の時のものか一目で分かるし、劇場で預ける場合にキャスト名と名前が両方書いてあれば渡し間違われないかな?と思って。あとは封筒にも必ず自分の名前を書きます。名乗りは必要だし、万が一ブラックリスト入りしててもすぐに破棄・・・まずはブラックリスト入りしないように気をつけよう。

便箋の宛名は、「推しくんさん」みたいに、名前+敬称+気が向いたら!!とか☆とかついたりします。ずっと「様」で書いてたのに、気がついたら「さん」で書くようになってた。推しくんの名前は宛名も本文も「くん」付けでは呼びません。

宛名の横に渡す日付を書きます、書いた日付ではなく渡す日付。できれば時系列で読んでおくれ!と念をこめて。舞台の期間中は日付の横に「初日」とか「○日目」とかみたいに書き添えます。何も書くことが無いときは、何かのマーク*2を書いたりします。

あと、宛名は本文と違う色で書くことが多いです。特に理由はない、ただの私の好みです。

 

書き出し

・舞台の場合

 「(公演名)初日おめでとうございます!」「(公演名) ○日目お疲れ様です!」

・イベントの場合

 「(イベント名)お疲れ様です!」

みたいな普通の書き出し。ご挨拶は大事。ご挨拶のあとはすぐに本文に入る。封筒と文末に自分の名前を書くので、名乗りはしません。

本文は落ち着いた色で書くことが多いです。黒・青・緑・茶とか。あと、じっくり書くときはフリクションが鉄則、書き直しがとても多くなるので!びっくりするほど書き直す!さらさら~っと書くときはHI-TEC-Cの0.3ミリ。coletoに青・緑・水色・濃いピンクをセットしてます。水性ゲルインクのボールペンが好き。0.38のフリクションをまとめられるcoletoみたいにかわいい軸があればいいのに。

文房具、別エントリで書きたいな。

 

内容

舞台の初日とかイベントの場合は、どれだけ楽しみにしていたかを訴える文章で始まります。次に、舞台であれば原作の感想とか、自分なりに考えた「こういう舞台ですかね?」みたいな話とか、稽古&準備期間中のSNSの発信内容に関する話とかを書きます。前回の手紙からの間にあったお仕事についても書きます。最後に今回の仕事に対する私の思いや期待を書きます。

舞台期間中は見た感想を徒然なるままに書きます。ただ、書き出すと本当に止まらないので、おおよそこんな感じ。

・2回目の手紙

 初回の感想を心の赴くままに書く。
 大体頭が沸いているので、とりとめのない文章になって、最後に謝る。

・3回目~自分が観劇する最後の日の前日までの手紙

 考察厨が発動して、自分がどう解釈したかとか、どう見えたかとかを語りだす。
 舞台全体の話も書く、客席からだとどう見えたかを伝えたくて。
 推しくんの演技について、否定的なことはできるだけ書かないようにしている。
 だって私みたいな素人が何を言っても意味がないと思うから。
 推しくんの居ないシーンや、他のキャストの人の話もついつい書いてしまう。

・自分が観劇する最後の日の手紙

 公演の総まとめとして本当に伝えたいことをメインに振り返る。
 酷いときは舞台のオープニングからラストシーンまでを全部振り返る。
 公演期間中の見え方の変化とか、理解がどう深まったのかとかも書く。
 あとは大体終わるの寂しいとか続きが見たいとか、そんなことを書いてる。
 次の仕事が決まっている場合は、それに対する期待とかも書く。

ということを書いていると結構精一杯なので、雑談とかは書く気力がない。こうやって書いていると、この手紙を読んだ推しくんはいつも何を思うんだろうかと心配になってきました。でも、ジャニヲタだったときもこんな感じで自担に手紙を書いていて、自担から「いつも俺の仕事を楽しんでくれてるのが嬉しい」と伝えられたことがあるので、こっちの世界に来てからもなんとなくそのまんま続けてる。

 

締め

公演期間中はオカン精神が発動して「まだまだ続くけど体に気をつけて」とか「喉の調子くずさないように」みたいな文章を書く。単発の仕事とか舞台楽日の場合は、次の仕事が決まっていれば「次は○○でお会いしましょう」とかを書く。

文末はなぜか大体「それではまた!」みたいな感じになる。ご挨拶は大事。舞台の台詞でさようならのご挨拶があれば、それを書いてしまうこともある。

最後に本名フルネームをカタカナで書く。住所とかTwitterのIDとか、そういうのは書かない。単純に個人情報預けられるの嫌じゃないかな?と思うのと、返信とかは求めてないのと・・・まぁペンネームみたいなもんです。

あと、封はシールで留めるか、マステでちょこっと貼る程度。完全に封をすると開けづらいかな?と思うけど、封をしないと便箋が飛び出てしまうのではないかと心配になるので、軽く封をする。

 

手紙を渡す頻度

舞台やイベントの日には1通は必ず。時間がなくてもちょっとでも書く。下手すれば手紙を書くために半分徹夜する。仕事→観劇→手紙→寝る→仕事→観劇~というサイクルに入っているときは、平均睡眠時間が3時間ぐらいになる。もっとすばやく簡潔に手紙が書きたい・・・。

マチソワ観劇する場合に、マチネ見た後に手紙書くかどうかはテンション次第。ただ、書いても「さっきの公演すごかったー!わー!ここ好きー!!ひゅー!!」みたいなことしか書けない。そういう気分の時しか書かないからか。

事務所には今のところ送ったことがありません。推しくんの事務所を信用していないのと、いつ手元に渡るかが分からないので。ラッキーなことに推しくんを応援し始めてからすごく長期間お仕事が途切れることがないのですが、3ヶ月ぐらい何も無かったら事務所に送るかもなぁ。

 

手紙の量

普通のときは便箋2枚に収める。楽日のまとめ手紙になると、4~5枚になったりする。過去最高は6枚で、舞台のまとめ+熱弁でひどいことになったので、さすがに手紙に「こんなに長くなってすいません」と謝罪を書き添えた。

連日仕事から観劇を繰り返すときや、マチソワ間で書くときは1枚が多い。伝えたいことを簡潔に書いて終わる。書きたいことがあっても気力と体力と時間の制約があるので・・・。

 

手紙の種類

大体市販のレターセットを使います。

キャラクターものはあんまり使わないようにしてる。以前、友人が「ジャニーズかモデルか若手俳優かであろうイケメンが、電車の中でファンシーでガーリーなレターセットの手紙を読んでいて目立っていた」という話をしていて、それ以来せめて若い男子が人前で出しても恥ずかしくないものにしようと思って選んでる。ファンシーでガーリーなのが悪いってわけではなく、私の推しくんにそれは似合わないので。電車の中で読まないとしても、うっかり落としたりする可能性はあるからな。 

自作したりはしないけど、舞台の内容にちょっとリンクさせてレターセットとかシール選ぶのも楽しい。

 

という感じです。

推しくんに書く手紙は別にラブレターじゃありませんが、SKE48の「手紙のこと」はヲタクが書く手紙のことを端的にうまく表現していると思います。今日の日記のタイトルもこの歌からもらいました。

*1:ペンとかレターセットとかシールとかマステとか、どんどん増える

*2:天気だったり、クリスマスだったらツリーとか