Life is awesome.

若手俳優の世界に足を踏み入れたつれづれ

若手俳優応援スタンス

どうやら誰もが通る道なようなので、自己紹介も兼ねて書きます。
なお、2017年3月末の情報なので、時が経てば変わる部分もあるのかな。

 

▽基本情報

三十路、会社員、都内在住独身です。BBAだという自覚はあります。

元ジャニ(Jr)ヲタ、多分結構重度なやつ。
ジャニヲタっていうよりは極度の担当ヲタクでした。

 

▽推しについて

身バレというより、私が書きたい放題書く内容で風評被害が発生するのが怖いので、名前は伏せておきます。誰だか分かったらそっと微笑んでください。

推しのことはこのブログでは「推しくん」と呼ぼうと思っています。
「子育て?」と言われる程度に年下(実際には産めない)です。
いわゆる2.5次元の舞台で好きな作品の好きなキャラのキャストにすってんころりんした、分かりやすい感じの出会いから1年がたったところです。

 

▽好きになる基準

好き=応援する対象として捉えると、一生懸命でまっすぐな人を応援しがちです。
一生懸命かどうかの判断基準は自分の中にあるので説明が難しいのですが、天才的な人よりも努力家に興味が沸きます。

これは応援するスタンスに直結していて、私は人が成長をしていく様を応援するのが大好きです。天才ももちろん成長しますが、努力による成長が一番応援し甲斐があるので。

俳優として好きな人は、声のいい人が多いです。マイクの通りの良い声というよりは、パーン!と耳に抜けて届く声の人が好きです。
あと、所作が美しい人に心惹かれます。

 

▽舞台に行く基準

推しくんの舞台は少なくて2回、期間中で間を空けて見に行きます。
推しくんの舞台は内容は問いません、お仕事をいただけたことに感謝して最低2回。多い場合に何回になるかは、内容含めてどれだけ興味が持てるか次第です。

推しくん以外の舞台は、どうしても見たいものだけ行きます。
そんなにお金もないし、見に行きだしたらキリがないので。
とはいえ、元々舞台見るの好きなので、いつかこの自分ルールを破る気がします。

 

▽舞台以外のイベントに行く基準

推しくんのイベントは出来る限り行きますが、舞台よりはプライオリティは下がります。例えば、平日に休みを取らなければ行けないイベントの場合は、休みが取れなければ行きません。

推しくん以外のイベントにはほとんど行きませんが、人間的に興味のある俳優さんのトークイベントなら行っても面白いな、ということに気がつきました。

 

▽グッズを買う基準
推しくん個人のグッズはとりあえず2つは買います、保存用と普段用です。
トレーディング系のグッズも2つは欲しいので、10個ぐらい買って交換したり買い取らせていただいたり。推しくん以外のグッズはほとんど買いません。

推しくんが出ていない舞台やは、記念にパンフレットを買います。パンフレット大好き。すごくいいなとか楽しかったなとか続いて欲しいなと思った時には、それにプラスして少しばかり買い物をします。

 

▽雑誌を買う基準
推しくんはほとんど雑誌に載らないので、載ったら1冊は買います。
俳優系の雑誌ってお高いのですね。

 

▽映像を買う基準
推しくんが出演したものが映像化されれば必ず買います。
人間の記憶って頼りにならないので繰り返し何度でも見たいし、何より出演した記念になるので。あとは、コンテンツにお金を落とすことで続編なり再演なりに繋がって、推しくんに仕事がくればなーと思います。

それ以外のものは、どうしても欲しいと思ったり、興味が出たものを買います。

 

▽手紙/プレゼント/お花について
手紙は、舞台・イベントがあれば必ず書きます。
マチソワ観劇の時に2通用意するかはその時の気分次第です、マチネを見てどうしても伝えたいことがあったら書く。なぜなら、マチソワ間で書いた手紙は大概パッションで書いてしまうので内容が酷いので、そのパッションを伝えたいときだけ書きます。
今のところ事務所に郵送はしたことがないです。事務所をあまり信用しておらず、推しくんも「事務所で受け取りました」とも言わないので。

プレゼントは気が向いた時に気が向いたものを用意します。
お高いものは自分で気に入ったものを買った方がうれしいだろうと思うので、今のところ渡したことがありません。

お花ははっきりと推しだなと認識してからの舞台はNGばかりなので、まだ出したことはない、出すつもりはある。

 

▽同担について

若手俳優の世界も「同担」という呼び方でいいのかな?

気の合う同担の方がいればウェルカムです。
ただ、私の物の見方と考え方がとても偏っているので、不快な思いをされてしまうのではないかと心配になります。
考察厨というか、舞台を見て「かっこいー!」「かわいー!」「さいこー!!」みたいな波が過ぎると、うんぬんかんぬんあーでもないこーでもない、こうなんじゃないかその裏側にはこういうことがあるんじゃないかと言い出すので、推しくんに興味のない人は大概聞いてくれないし、言われても分からないよねっていつも思ってます。
なので、そういうのを一緒に討論(?)してくれる同担の方とか、まったく違う見方を私に教えてくれる同担の方の存在は非常に貴重です。

自慢ばかりする人や、マウントしてくる人とは仲良くできないと思います、多分。リア恋の人は私みたいなタイプが嫌いな方が多いと思いますが、私はリア恋話はニコニコしながら聞けるタイプです。

 

こんな感じです。